こだわりのないおせち料理の楽しみ

おせち料理はお正月には欠かせない日本独特の食文化です。

年末のあいだに日持ちのする料理を準備して、お正月を家族で祝います。



おせちは重箱に盛りつけ、その盛りつけには地域によって決まりがあり、盛り付けられる料理にもそれぞれ込められた願いやいわれがあり、お正月にはなくてはならないものとなっています。
祝い肴といわれる料理には黒豆や数の子に田作りがあります。これら3種類が中心となり、海の幸や山の幸といった煮物や焼き物などの献立が続きます。

一般的な家庭ではこれら祝いの肴に、各家庭の味を並べてお正月を祝うといったパターンが多く、昔のように重箱に伊達巻やきんときなどを作って盛り付けるということはしなくなってきているようです。


忙しい現代人にとって、年末のわずかな時間でおせち料理を手作りするというのは難しくなりました。

わずかな料理を手作りして、あとは既製品を利用するという家庭も増えてきています。現在ではスーパーやコンビニなどの総菜も食材や味にこだわった品質の良いものが多く、インターネットを調べればおせちを通販で利用できるショップもたくさんあります。



日本古来の伝統的なお正月も楽しいですが、現代人ならではの自由な発想で、和食や洋食などのメニューを組み合わせた料理を用意をするのも楽しいものです。



手作りや既製品にこだわりがなければ、広範囲に食材を調達することができ、日頃食べられないものが手に入るのも年の瀬の時期の特徴です。

自由な発想で家族みんなでおせちを楽しめることが大切です。