人間ドックと健康診断

バナー

人間ドックと健康診断

行う目的はどちらも同じで、健康異常を早期発見し、健康を保つ事です。
健康診断は、労働安全衛生法で年に一回以上受診する様、義務付けられています。

検査項目は少なく、法律で必要な検査が定められています。



一方人間ドックは法的な定義はなく、検査項目もより専門的で種類も多いです。

その為、総合的でより精密な検査を受ける事ができます。


健康診断は主に、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病についての検査が中心です。身体検査、血液検査、糖尿検査、胸部X線などで、検査結果は、疑いがあるなどの傾向を教えてくれるだけです。人間ドックは、基礎ドックと専門ドックに分かれていて、健康診断の検査項目をより詳細に調べ、生活習慣病にかかっているかを調べる基礎ドックと、がん、脳、心臓、女性特有の病気など死亡リスクが高い病変を確認できる専門ドックがあります。



精密な検査をするので、それだけ費用と時間を要します。


その代わり、脳梗塞やがん細胞の有無など重篤な病変を確認する事ができたり、子宮や卵巣など女性特有の病気を発見する事もできます。それぞれ脳ドックやレディースドックと呼ばれています。

人間ドックが一般的になってきました。

費用については、健康診断なら、会社が協会健保に加入している場合は、無料か1万円以内で受診できます。人間ドックは、一般的な基礎ドックなら、2~5万円程度で、CTやMRIなどを使った専門ドックなら、10万円を超える場合もあります。

過去の既往症や受診歴、年齢や健康状態に合わせて、自分に合った検診をしましょう。